熱中症を予防していく

熱中症を予防して健康に

健康に過ごすために熱中症の予防

健康を害する病に熱中症があります。これは、梅雨時期から徐々に増えてくる病で、暑い環境の中で長時間にわたりスポーツを行った場合や、もともと体調が優れないのに、急に体を動かした場合などに起こりやすくなります。健康的に過ごすためには、熱中症の予防が必要になってきます。予防方法には、まず水分をこまめにとること、睡眠を十分にとることが大切です。特に水分は、ナトリウムも同時に補給することが大切で、水のみを飲んでしまうと体液の濃度が下がり、その濃度を戻そうと水分が体外に出てしまいます。できるだけ、塩分や糖分が含まれた飲み物を飲むようにしましょう。

熱中症の初期症状の対処法

暑い時期にスポーツを行っている場合や農作業を行っている場合、急に吐き気や頭痛が起こることがあります。このような時は熱中症になっている可能性があり、そのまま作業やスポーツを行ってしまうとさらに健康に悪くなってしまうことがあります。頭痛やめまい、冷汗がでる、といった場合は熱失神を起こしていることがあります。これは、熱中症の中でも軽度ですが、脳に血液が回りにくくなっており、失神のような症状も現れます。初期の段階でもあるので、足を頭よりも高くし、脳に血液が行くようにします。また、涼しい場所で、衣服を緩め、わきの下を中心に良く冷やすようにすると健康が回復します。

↑PAGE TOP