更年期障害による症状

更年期障害による症状では

複合的な症状が出る更年期障害

更年期障害の症状は単なる体調不良だと感じてしまうことも多く、不安を感じて病院で検査を受けても、特に異常が見つからないことがあります。このように、特定の病気には当てはまらないけれど、体調が悪くなるような状態は「不定愁訴」と呼ばれています。更年期障害の症状には、めまいや耳鳴り、頭痛やほてりのような体に不調をもたらすものと、イライラや不安、不眠など精神的な問題によって強く出るものがあります。特定の不調だけではなく、いくつかの不調が複合的に表れることも多いため、気持ちが不安定になり疲れやすくなることもあります。

↑PAGE TOP