健康を害する熱中症

健康を害する熱中症について

健康を害する熱中症の種類

健康を害する病に熱中症があります。この病は気温が上昇し、暑い場所で何時間も活動をした場合に起こりやすく症状が進んでしまうと命の危険にさらされることもあります。熱中症の種類には、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つがあります。熱失神が一番軽く、めまいや顔面蒼白が起こります。熱疲労まで進んでしまうと、全身の倦怠感、頭痛、疲労感、嘔吐、判断力が低下するといった症状が現れてきます。熱射病になると意識がなくなり、体温が高くなってしまいます。このような状態になると健康を害することになるためきちんと予防をしておくことが大切になります。

熱中症は誰もがなり得る病気

昔は熱射病と言われていた体調不良ですが、現在では熱中症と呼ばれています。熱射病という名称では、体調不良が外でのみ起きるイメージがあり、室内にいる高齢者や若者が注意を怠ってしまうので、呼び名が変更されました。共に名前が異なるだけで実際は同じ健康被害です。室内、室外問わず熱中症は多発します。クーラーを使わない事が健康的に正しいとまだまだ信じられていますが、むしろ専門家は口を揃えてエアコンの活用を呼びかけています。確かに以前の夏場だと過度な冷房は逆効果でしたが、今や地球温暖化が進む灼熱の時代です、高齢者の方々から若者まで、クーラーは正しく使った方がむしろ病気を予防出来ます。

↑PAGE TOP