高齢者の健康を守る

高齢者の健康を守るために

高齢者の健康は熱中症対策で

健康に気を付けることは大事なことですが、高齢者の場合には通常よりもさらに気を付ける必要があります。特に、夏の暑い時期に多く見られるのが熱中症の症状です。高齢になると暑さを感じることがだんだん苦手になってくるため、一人暮らしなどの場合は注意して夏を過ごさなければいけません。高齢者のこうした問題は毎年少しずつ増えているので、もし自分の周りに高齢の家族や知り合いがいるのであれば積極的に声をかけるようにしましょう。高齢の方がいつまでも長生きして健康な毎日を過ごしていくためにも、まずは周りから行動することを心がけるようにしてください。

筋肉痛がある熱中症の対処の仕方

夏の時期になると、熱中症になる人が増えてきます。この病は気温が高いだけでなく、湿度が高い場合や睡眠不足、風邪気味の時、不健康な生活を送っている時にもなりやすいです。熱中症には、4つの種類がありますが、筋肉痛を感じるときは熱けいれんを起こしている可能性があります。予防のために水分補給をしていても、水だけ飲んでいては体の中のナトリウム濃度が低くなってしまいます。必ず経口補水液のような塩分や糖分が含まれたものを少しずつこまめに摂ると良いでしょう。健康を回復するためにも筋肉痛の症状が出た時は涼しい場所で塩分の補給を行うようにします。

↑PAGE TOP